自己分析の進め方

就職活動を始めるにあたってよく聞く「自己分析」。

  • どうやればいいのかわからない!
  • とりあえず必要だっていうし、なんとなくやってみた
  • やったはいいが、合ってるのかわからない

こんな疑問や不安を感じている方も多いかと思います。

 

自己分析を行う「理由」を考えてみよう!

では、なぜ自己分析を行う必要があるのか、考えたことはありますか?
多くの方が「内定もらえたらどこでもいいから働きたい!」ではなく「自分のやりたいことや将来成し遂げたいことが実現できる場所で働きたい!」と思っていると思います。

 

今まで大学に進学するまでの間、あなたは数えきれない選択を行ってきたことでしょう。中学受検、高校受験、大学受験の選択。部活動の選択。アルバイトの選択。今まで行ってきた”選択”は人それぞれですが、おそらくすべてにおいて過去の経験や自分の価値観や能力と照らし合わせて、自分に合った選択を行い決断をしてきたのではないでしょうか。

実は企業選びも今までの選択と同じ手法で行う必要があるのです。ただそこで必要なのは、振り返り。つまりは自己分析が必要なのです。
何を基軸に物事の選択をしてきたのか。どういうことが起きると幸せを感じるのか、達成感を感じるのかを一度整理してみることで、あなたが社会に出てやりたいことや将来成し遂げたいことが、より実現しやすい環境を見つけ出すことが出来ます。

 

実際にどうやって自己分析を行うのか?

「どうやっていいかわからない!」と思っている方は、OfferBoxに搭載している日本トップレベルの適性診断テスト「AnalyzeU+」を受検してみましょう。自身の強みや弱みを把握できるだけでなく、社会人基礎力といった詳細結果を確認することが可能です。

適性診断テスト「AnalyzeU+」とは?

 

「今まで自己分析は行ってきたけれど合っているのかわからない」と思っている方は、今まで受検した結果に基づいてプロフィールの入力を進めてみましょう。プロフィールに記載した内容を元に企業担当者からオファーが届くので、社会で評価されやすい自身の強みを把握し、更には自己分析を進めるきっかけになると思います。

 

まずは自分を理解することから就職活動は始まります。面倒と思わず、まずは今までの経験とその時感じた感情を一度整理してみましょう。