内定承諾する?辞退?どうすればいいかわからない時のマインドリセット

「新卒で入社する会社は重要!」そんな言葉を聞けば聞くほど、今の内定先で就活を終えていいのだろうかと悩む方が多いと聞きます。そんな時の解決手段をお伝えします。

 

自己探求をしてみる

まずはあなたがなぜ内定承諾を躊躇っているのか自己探求を行ってみましょう。

  • あなたが実現したいことは何なのか?
  • あなたが得意なことは何なのか?
  • 内定先でしたいことは何なのか?
  • 何がひっかかっているのか?

自己探求をした上で、人事担当者に社内リクルーター(同年代くらいの社員がオススメです)との面談を設定してもらったり、社会人と面談を行い客観的な意見交換を行ってみてはどうでしょうか。面談の場では、あなたが不安に思っていることを率直に伝え、納得がいくまで話し合ってみることをオススメします。また、入社する前と、実際に入社して中身を知った後では、企業に対する感じ方や想いが誰でも変わるものです。「思っていたよりも良い企業だった」「良い同期や先輩に恵まれた」など、良い方向に考えが及ぶかもしれませんよ。

オファーをもらった企業からの内定承諾を悩んでいる場合、その企業が当初の志望業界や職種とは異なる企業であることが悩む原因の1つかもしれません。

オファー選考を通じて自分の視野が広がっていったり、志望度が上がっていくことで最終的に入社を決めるケースも沢山あります。実際に、OfferBoxのデータとして「オファーをもらって入社した学生の65%は当初の志望業界とは異なる業界へ入社を決めた」という事実もあります。
企業は「自社にマッチしていそうだ、活躍できそうだ」と思った学生に対してオファーを送っていますので、オファーをもらった企業は求める人物像に近いことが多いです。オファーから内定をもらったということは、「その企業で活躍できる可能性が高く、評価されている」と言えます。
その上で、入社するかどうか迷う場合上記に記載したようにあなたが不安に思っていることを率直に企業担当者へ伝え、知りたい情報を得ていくといいでしょう。