面接に通るためのコツとは?

一つに面接と言っても、「集団面接」や「個別面接」といった面接のタイプ、そして面接を受ける時期にもよって必要なテクニックが異なります。

ここでは面接に「苦手意識がある」「なかなか通らなくて困っている」方に向けた、それぞれの場面におけるチェックポイントをお伝えします。面接を受ける前に一度あなたの行動を見直してみましょう。

 

<集団面接でのチェックポイント>

集団面接は相対的に評価されがちですが、以下の点に気を付けましょう。

  • 笑顔や態度、挨拶などの第一印象に気を付ける
  • 決められた時間以内に話す(自分だけ話しすぎない)
  • 質問の意図を汲み取って、質問に適応した返答をする
  • 結論ファーストで短い時間で自分を的確にアピールする
  • 他の人が話している時も、表情や相槌など聴く姿勢に気を付ける

 

<個人面接でのチェックポイントー選考初期>

選考初期の個人面接がうまくいかない方は、以下の点に気を付けましょう。

  • 姿勢や笑顔、挨拶、清潔さなどの見た目の部分に気を付ける
  • 自己分析を徹底的にする
  • プレゼンをするのではなく、相手とのコミュニケーションを意識する
  • 自分の考えを相手が理解できるように順序立てて話す

 

<個人面接でのチェックポイントー選考後期>

最終の個人面談がうまくいかない方は、以下の点に気をつけましょう。

  • 面接相手に「熱意」「志望度」がきちんと伝わるようにする

最後の段階まで面接を通過したということは、能力や姿勢、人柄などは認められている証拠です。ただ最終面接に残ってきたその他学生もあなた同様に優秀なのです。企業としては全員採用したいが、そういうわけにはいきません。そこで判断するのは「志望度の高さ」や「熱量」です。そこに上手い下手は関係ないのです。役職の高い面接官を前にすると緊張してしまう方もいるかと思いますが、焦らずあなたの気持ちをあなたの言葉で伝えることができるよう万全の準備をしましょう。