どの程度オファーがもらえるのか

どれくらいオファーが届くかは、登録している内容により大きく異なります。

以下、オファーを多く獲得する学生の傾向をポイントとしてまとめました。ご参考にしてください。

▼オファー獲得ポイント

  1. プロフィール入力率を高める ※1 
  2. 定期的にログインをする ※2
  3. 希望条件をきちんと入力する ※3
  4. 読み手の視点で記載してある ※4
  5. 検討中リストに入った際に「会いたい通知」を送る

※1 プロフィール写真・自己PR・その他エピソード2つ以上は必須。プロフィール入力率60%以上を目指しましょう。

※2 2日に1回はログインしましょう。企業の学生詳細画面には最終ログイン日が記載されます。ログイン日に間隔が開くと「オファーを開かない可能性が高い」と判断されることもあります。

※3 最新情報に更新することで、より希望にあったオファーが届きやすくなります。

※4 読みやすさや志望企業が興味を持つ内容かどうか確認しましょう。

 

 企業の検索画面では、企業業態と学生の登録内容のマッチ度が高い学生の中でも特に「入力率が高く、直近でログインしている学生」を上位に表示します。

OfferBoxの仕様上、企業担当者は学生の詳細ページを開かない限りオファーを送付することはできません。より多くのオファーを受け取ることができるよう、随時内容をブラッシュアップしましょう。